『起床後動けない状態』からの脱出 – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

『起床後動けない状態』からの脱出

目覚めて布団から出ても動けない状況からの脱出劇

(2022年3月24日リライト)

※あくまで一個人のケースとして、参考程度に閲覧願います。

どうも、まろちです。

今回は「規則正しく就寝~起床し布団から出ても、2~3時間身動きが取れない状況」から脱出した顛末をお送りします。

午前中に体を動かせない

午後9時前後の就寝時間を厳守し朝6時前後に起床するよう調整していたのですが、起床後2~3時間体が動かず日によって10時間以上就寝していた事もありました。

このままでは午前中に活動出来ず今後の就職などに凄まじく影響するので、今までこの問題を解決しようと試行錯誤しておりました。

※精神疾患により同症状が起きている場合、まずは病院の医師に症状の旨を伝え、症状によっては無理せず安静にしてください。私も今回の状態を心療内科の医師に伝えております。

試みようとした策一覧

  • 朝散歩→体動かず実施不可
  • 起床時一度外の空気を吸う→のちに体動かず
  • 起床時好きな事をする事に決める→体動かず実施不可
  • 朝ストレッチ→のちに体動かず
  • 起床時音楽をかける→体動かず

『カーテンを開けたまま就寝し自動的日光浴』に切り替えてみた所、比較的起床しやすくなりましたがそれでも体を動かすに至りませんでした。

迷ういぬまろ
一種の脱出ゲームやってる気分

カフェインを摂取後、活動できたと思いきや…

※効果には個人差があります。またカフェインの過剰摂取にご注意ください。

今朝試しにカフェイン錠(100㎎)を摂取したところ、久しぶりに6時から休まず体を動かせるようになり、久しぶりに朝サイクリング・おはツイをする事が出来ました。

今の所体調不良無く強力な眠気も起きておりませんので、明日以降も試してみる予定です。

(2022/3/24追記)22日だけカフェインを飲んでも布団から出られませんでした…どうやら、カフェインが有効なのは布団から起き上がってからの眠気だけかも知れません。

2022/3/24現在、22日を除いてカフェイン無しでも安定して起きれるようになってきました。日光浴・運動が実を結んだ模様です。

体が安定したらコーヒーに切り替え予定

もし起床時の活動が安定したら、錠剤からコーヒーに切り替えてカフェインを減らそうと検討中。

このまま午前中活動できるようになり、以前のような活発的に動ける体制を作っていければと考えております。

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメント一覧

נערות ליווי בתל אביב2022年4月12日 3:40 PM / 返信

I was pretty pleased to discover this great site. I need to to thank you for your time for this particularly fantastic read!! I definitely appreciated every part of it and I have you book marked to see new stuff on your blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です