寝る前ストレッチでよい睡眠を【休息術】 – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

寝る前ストレッチでよい睡眠を【休息術】

本格的にやらなくても最低限やるだけで違います

どうも、まろちです。

ストレッチした結果、翌日の疲労感が軽減

ストレッチする男性
このくらいで大丈夫です

去年(2021年)9月に妻からストレッチ動画を紹介してもらったのをキッカケに寝る前ストレッチを始めました。

そうしたら翌日の疲れが残らなくなったので、やめられなくなりました。 

本格的にやらなくても効果あり

ストレッチするバレリーナ
ここまでやらなくても大丈夫です

今ではYouTubeで多くのストレッチ動画を観る事が出来るようになりましたが、実際は動画の通りしっかりやらなくても効果を実感出来ます。

最低限筋肉が伸びて心地よい感覚があり、その状態でゆっくり10カウント数えるくらいで充分です。

ポイントは伸ばした時の心地よさです、よく使う箇所を重点的に伸ばすといいでしょう。※力の加え過ぎ注意

私は主に足腰の運動をしているので脚を伸ばすのが特に気持ちよく感じます。

寝る前に3~5項目やり、最後布団の中で背伸びする

私が実際寝る前にやっているストレッチ項目がこちら、①~③は左右交互に実施

①右(左)手を同じ側のつま先に当て、もう片方の腕を正反対に伸ばす(最初の見出し写真+反対の腕伸ばし)

②曲げた膝先端を抱きかかえるように締め付け、太もも外側を伸ばす

③仰向けになり片方の曲げた膝をもう片方の足で下に押しつけ太もも上側を伸ばす

④後ろに手を組んで、背骨を反らすように組んだ腕を後ろへ伸ばす

⑤布団の中で腰を伸ばすよう意識して背伸びする

項目数は現状に合わせ減らしても構いません。①は肩と脚を同時に伸ばせるのでオススメです。

※後述理由により股割り系のストレッチをしておりません。

症状によって項目の調整を

打撲や捻挫などがある場合は、その部位をストレッチしないよう注意してください。症状が悪化する恐れがあります。

私の場合、過去に股間付近の病気をした事があり、それから股割り系のストレッチ全て自粛しました。

そうと知らずに股割りやっていた事を思い出すとゾッとします…。

以上

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です