コロナ検査キットを使ってみた – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

コロナ検査キットを使ってみた

これ使う時ドキドキしますね

どうも、まろちです。

風邪だった息子を3日間看病していた為か、会社からコロナ検査キットで検査するよう指示があったので使う事になりました。

コスパ面で結論を言うとネットでまとめ買いした方が安く済みます。

薬局で購入

バス移動の関係上、通院している病院の近くにあった薬局しか行くタイミングが無かったので今回はそこで購入しましたが、他にもドラッグストアや先述したネットでも買えます。

コロナ検査キット
左上の板は使いません、最初使うと思って一緒に写しちゃいました

検査キットには鼻に棒を突っ込む『鼻腔タイプ』と口にくわえる『唾液タイプ』の2種類があり、今回は前者の方を購入したのですが、検査キットの値段は1,700円(1回分)で決して安い買い物ではありませんでした…

もし病気しやすい時期のお子さんがいるのであれば複数回使う事になるかも知れないので、それに備えてネットでまとめ買いするという選択肢もアリかも知れません。

使った検査キットの判定方法

今回使ったタイプの使用方法をザックリ説明すると、鼻に突っ込んだ棒を液に浸し、浸した液をプレートの指定箇所に適量垂らすという感じで使います。

判定方法
上記の通りです

余談ですが判定保留になるとまた検査をしなくてはならなくなる為、結果が出るまでの時間また買い直さなければならなくなるんじゃないかとヒヤヒヤしていました。

判定は陰性

判定は陰性
陰性でした、よかった!

幸い結果は陰性だったので、無事会社に陰性だと報告し復帰する事が出来ました。

とはいえまた使う機会が出て来そうな予感がするので、もし嫌な予感がしたらネットで唾液タイプのものをあらかじめ購入しようかと検討中です。

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です