A型就労支援を利用する際の注意点3つ – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

A型就労支援を利用する際の注意点3つ

この3つは事前によくチェックしておきましょう

どうも、まろちです。

今回は初めてA型就労支援を利用するにあたって、事前に調べた方がよい事を3つ挙げていきます。

【①利用料の有無】

特に気を付けた方がよいのがこの利用料。

前年度の収入が高かったり配偶者が働いている場合に利用料が発生する事があり、しかも決して低額ではなく1万円前後、場合によってはそれ以上かかる場合があります。

A型就労支援の給料は6万円前後であり、その額から高額の利用料を持って行かれるなんて場合もあり得ます。

まず、就労支援団体・雇用先からこの利用料が発生するかどうかを早めに確認した方がよいでしょう。

【②体験期間の長さ】

雇用先によって職場体験の期間が変わり、1~3日で済むものもあれば2週間かかる場所もあります。

もし雇用を急いでいる場合、体験期間が長いと聞かされた時点でよほど適正を感じなければ「一旦考えさせて下さい」といって保留にした方がいいでしょう。

職場体験に2~3ヶ月も要したという事のないようにしたいですね。

【③雇用条件】

A型就労支援の仕事はハローワークの求人情報としてだいたい登録されています。

求人票に記載されている、労働時間・休日・交通費などを事前にチェックするとよいでしょう。特に交通費は距離によっては発生しない場合、結構な痛手になるのでチェックしておきたいポイントです。

もしくは職場での面談などで直接聞いておくのも手です。

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です