白湯で朝一の体を整える【休息術】 – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

白湯で朝一の体を整える【休息術】

一杯の白湯でいいスイッチが入ります

※飲む際はヤケドしないよう、ゆっくりお飲みください。

どうも、まろちです。

今回は毎日飲むようになった白湯(さゆ)について執筆します。

白湯の主なメリット3つ

そもそも、なぜお湯を飲むといいんでしょうか。私が直に体感している効果は以下の通りです。

  • 内臓を温め、基礎代謝が向上
  • 胃腸を温め、消化機能が向上
  • 便通の改善

他にも様々な効果があるようですが、ここでは割愛。

程よい温度の湯が体にやさしく入り込むことで、体にとって丁度いいスイッチが入ります。

暖かくて胃に負担をかけなければOK

以下2つの条件が揃っていれば、白湯として上述した効果を得られるでしょう。

ただのお湯かお茶でいい

白湯はとどのつまりただのお湯です。そういう意味ではほうじ茶などの煎茶でも代用できます。

ただのお茶でもOK

なるべく胃腸や内臓に負荷をかけないものを選ぶといいでしょう。

コーヒーやジュースだと白湯としての機能は湯・お茶よりだいぶ劣ります。というより、ぬるいジュースってあまり美味しくなさそうですね。

40℃以上であればいい

なぜ水で無くて『お湯』なのか。

お湯の場合、冷水のように胃を刺激せず、冬場の朝一に飲むと体を温めてくれるからです。

とはいえ、熱湯だと飲みにくいので40~60℃くらいに調整するといいでしょう。

温蔵庫の活用

朝一起きたらわざわざ台所にいって白湯を作るのが面倒…そんな方にオススメなのがこちらの温蔵庫です。

冷温蔵庫
程よく60℃に温めてくれる、心強き相棒

『AstroAI製ミニ冷温蔵庫(4L) 』です、去年Amazonにて4,800円で購入しました。

この温蔵庫を布団のすぐそばに置いて、寝る前にペットボトルを入れてスイッチを入れるだけで翌朝すぐに60℃の白湯が飲めるというわけです。横着万歳。

メリットは以下の通り。

  • 電気代が安い(40Wと蛍光灯同等)
  • 冷蔵庫(0℃)と温蔵庫(60℃)の切り替えが可能
  • 消音性が高く、とても静か ※全くの無音ではありません
  • 取っ手が付いており軽く、持ち運びに便利
  • 12VDCアダプター付きで車載にも対応
  • コンパクトで割とどこにでも置ける

強いて難点を言えば、垂直に入れられるペットボトルサイズが350mlまでな所でしょうか。

ですので500~600mlの場合、垂直に入らない為入れる際『ナナメ入れ後に即ドア閉め』という技が必要になりますのであしからず。

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメント一覧

נערות ליווי בתל אביב2022年4月12日 3:39 PM / 返信

I was pretty pleased to discover this great site. I need to to thank you for your time for this particularly fantastic read!! I definitely appreciated every part of it and I have you book marked to see new stuff on your blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です