悩みを紙に書く事で寝入りが速くなった – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

悩みを紙に書く事で寝入りが速くなった

3時間布団の中で悩んでたの何だったんでしょうね

どうも、まろちです。

今回は著書や本要約動画でも取り上げられているエクスプレッシブ・ライティング(悩みを紙に書きだす)を試した結果をお伝えします。

悩みを紙に書き出し、頭の中をスッキリさせる

実は最近、布団の中で2~3時間考え事が止まらなくて寝付けなかった事が多々ありまして…。

エクスプレッシブ・ライティングの存在自体は知っていたのですが

思いついた事、スマホで全部メモしてるからいいやー

とかいって試してませんでした。ある日セイ@睡眠健康指導士さんという方(ご紹介は後述)からエクスプレッシブ・ライティングを勧められ試してみたところ、その晩30分以内に眠る事が出来ました。

また紙に書き出す事で、頭の中の情報を客観視できたので、考えを整理するのにも役立ちました

メモした悩み
中身は恥ずかしくて見せられません

悩みを紙に書くポイント3つ

紙に書き出すと頭の中の荷物を下ろす事ができます

やり終えた時点で効果あり、毎日実施不要

最初に知ってほしいのですが、このエクスプレッシブ・ライティングはやり終えた時点で効果が出ますので、毎日書かなくても大丈夫です。

「今日は悩みが多いなぁ」と感じた時に書くといいでしょう。

頭の中の悩みを全部書ききる

ただしこのエクスプレッシブ・ライティングをする時は、中途半端にやらず頭の中の悩み・考え事を出来るだけ全て書ききってください。 書いた分だけ頭の中が軽くなります。

書かなかった分が頭の中に残り、布団の中で思いついてまた紙に書き出し…となってはキリがありませんのでご注意を。

布団の中で5~10分経っても考え込むなら書き出す

もし布団の中に入って、長時間経っても考え込むのが止まらないのであれば、すぐ紙に書きだしましょう。

以前の私みたく2~3時間考え込んで寝付けないのと、10~20分紙に書き出してスッキリするのとでは入眠に大きな差が生じます。

【書く内容】悩み事や不安を書き込む

ところで具体的に何を書けばいいんだろう…

  • 直近・将来の悩み事
  • 今不安に思っている事
  • 明日の予定
  • ブログなどのネタ

などなど、まずはネガティブ要素である悩み・不安などを優先的に書くといいでしょう。

睡眠のプロフェッショナル、セイさん

最後にセイ@睡眠健康指導士さんについて簡単にご紹介させて頂きます。この方は睡眠についてたくさんの講義を受けており睡眠にまつわる数々の資格を有し、睡眠に関する知識が豊富な方です。

色々な経緯があり定期的に睡眠に関するアドバイスを頂いているのですが、説明が丁寧で電話相談時も物腰柔らかで話しやすい方でした。

『セイ 睡眠』で検索すると何個目かで名前が出てくるので、興味がある方は検索してみてはいかがでしょうか。

以上

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメント一覧

ちゃんもり2022年1月21日 6:03 PM / 返信

眠る前に全部吐き出してしまうとスッキリして寝付きがよくなるのですね。スマホじゃなくて紙というところがミソなのでしょうか?良い睡眠が取れますように🙏🏻✨

    まろち2022年1月24日 7:52 AM / 返信

    返信遅れてすみません💦ブログ読んでくださりありがとうございます! 私の場合は紙の方が直観的に書けたので、紙の方がよかったかも知れません。 ちゃんもりさんも良い休息がとれますように😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です