現実逃避の方法と戻り方を解説【休息術】 – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

現実逃避の方法と戻り方を解説【休息術】

現実逃避も上手く使えば休息に役立ちます

※危険な技ですので、本記事の用法・容量を守ってください。

どうも、まろちです。ある日、休息を意識して過ごそうと思ったら危うく失敗しそうになり「あ…これ明日引きずるやつ」となりそうでしたが…

ギリギリのところで長きにわたり培っていた『現実逃避術』により気分転換に成功しました!

現実逃避の方法

リンゴ×バナナを頭の中で創造中

様々な方法はありますが、今回は比較的簡単な方法を紹介します。

タイマーをセット(ここ重要)
②好きな音楽を流す(②でアニメ・ドラマ・映画を鑑賞する際は不要)
③(なるべくシリアスな)漫画・小説・アニメ・ドラマ・映画を鑑賞
④音楽を聴きながら頭の中で自分の好きな作品2つ以上を混ぜ込む(脳内夢の競演)

※④に関しては、妄想力がついたら自分の考えたシナリオまで混ぜたりするのもいいでしょう。

ここで重要なのは現実に戻る手段を備えておく事です。

抜け出すのもためらう桃源郷ですので、現実に戻る手段が無いと脱出困難になります。

長時間の現実逃避は危険

上記方法を試みる場合は、長くても1~2時間程度にとどめそれ以上は控えましょう。

あまり長時間妄想し過ぎるとその分戻るのが困難になる危険性があります。

就寝前は避ける

就寝前に妄想世界を駆け巡ると興奮し、寝付きにくくなりますので就寝前は避けましょう。

現実に戻る手段

タイマーだけで不十分な場合、以下の手段でより現実に戻りましょう。

  • 身内に(なるべく直接)挨拶する
  • 今の生活で感謝すべき事を挙げる
  • 鏡を見る
  • (子持ち限定)子供の事を思い出す

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です