キッチンペーパーで手軽に時短! – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

キッチンペーパーで手軽に時短!

キッチンペーパーでいろいろ楽しちゃいましょう!

・キッチンクロスや雑巾を洗うのが面倒
・キッチンペーパーを消費してでも時短したい
・低コスパで食材の水分を除去したい
・筆者が使ってるオススメ低安価キッチンペーパーを知りたい
以上の人に向けて、この記事を書きました

どうも、まろちです。

皆さんはキッチンペーパーをどのくらいの頻度使ってますか?私は下手したら毎日使ってます。もうキッチンペーパージャンキーです、無いと禁断症状出ます。

キッチンペーパーの最大の魅力は、使ったら洗う必要が無く捨てる事が出来る所にあるんじゃないでしょうか?

今回は家事に大きな時短をもたらしてくれた『キッチンペーパー』の魅力についてご紹介したいと思います。

今回は最低限の機能を有する低安価のキッチンペーパーをベースに記事を書きます。100円位で100枚入りのヤツです。

ただし『キッチンペーパー』をあまり無駄遣いしたくない方にはあまり向かない内容かも知れません。

それでもふきんを洗う手間を省いて、心の負担を軽くしてくれるのは大きなメリットですので状況・好みに合わせて使うといいでしょう。

少なくとも私にとって、この世から『キッチンペーパー』が無くなったらおそらく家事をしなくなるくらいの時短アイテムです。

キッチンクロス代わりに使える【台所で時短】

以前は洗った食器の水分を拭き取る為にキッチンクロスを使ってたんですが、最近はキッチンペーパーを使って拭いてます。

キッチンクロスって定期的にキッチンハイターの入った水に長時間漬け込まないといけないんですよね。

ですがキッチンペーパーは使い捨てなので定期的な漂白が不要な上、キッチンクロスのように拭けば拭くほど水分の除去性能が落ちる事もありません。

あと洗った食器などをすぐ拭き取り、すぐ使う際にもキッチンペーパーは有効な時短アイテムです。

ですので我が家にはキッチンクロスがもはや存在しておりません。キッチンペーパーオンリーです。

もちろんコスパ重視であればキッチンクロスの方が優れていますが、キッチンペーパーの時短力を知ってしまった私はもう後戻り不可です。

体がキッチンペーパーの手触りを求めて止みません、助けてください!

丈夫な使い捨て雑巾代わりに【掃除の時短】

掃除する際、拭き取り作業で使われる雑巾。我が家には雑巾も存在しません。もしあったとしてもその存在を忘れ去られています。雑巾さんゴメンね。

キッチンペーパーは使い捨て雑巾としても大変性能が高いのです。

ティッシュでもいいじゃんって方もいるでしょう。ですがティッシュを雑巾代わりに使った事がある人は思い当たる事ありませんか?

ティッシュってすぐボロボロになってティッシュカスが発生しやすいんです。そうなるとかえって掃除の効率に悪影響を与えてしまいます。

ですがキッチンペーパーはティッシュより丈夫な上、吸水性に優れているので拭き掃除にもってこいなのです。

何より使ったら洗う必要が無く、捨てて終わりなので時短にも繋がります。キッチンペーパーを上手く使いこなせれば掃除の負担を軽減できるでしょう。

個人的にアルコールウェットティッシュとキッチンペーパーの組み合わせは最強だと思ってます。異論は認めません。

床に液体をこぼした時の水分除去に最適

私には2歳になる息子がいるんですが、よく水をこぼして浸水被害をもたらしてくれます

幼児なので仕方はありませんよね、そうやって子供って成長するもんです。

なので水分除去処理作業の代金は出世払いでいいですよ

息子よ、大いに期待しております。

さておき、こんな時にもキッチンペーパーが活躍してくれます。上述した通り吸水性が高いので結構な量こぼされてもすぐに水分を除去が可能です。

雑巾の方がコスパは優れているんですが、ここで重視したいのはこぼした処理に対する精神的ストレス。洗わなくていいというのは心の負担を軽くしてくれます。

コスパも大事だと思いますが、あなたの心も大事にしてみませんか?

食材の水分をしっかり除去【料理でも活躍】

キッチンペーパーは食材の水分を除去するにも十分な性能を持っています。

食材の水分を除去できる便利アイテムとして『クックアップ』等が挙げられるでしょう。

私もクックアップをよく使います。クックアップって水切りヨーグルトを作る等、長時間の水切りに最適なんですよね。

ただしそんなクックアップにもキッチンペーパーに劣る点があります。それが値段と枚数のコスパ

キッチンペーパーの方が一枚当たりの値段が圧倒的に安いんです。例えば税込み128円で100組入りだと一枚あたり1.28円です!

私、大の燻製作り好きで漬け込んだ食材の水分を除去する為にキッチンペーパーをよく使ってます。

燻製などの水分除去アイテムとして『ピチットシート』っていうものがあって私も愛用してるんですが…そのシートにビッチャビチャの食材を乗せるわけにはいかないんですよ。

なので最低限大まかな水分を除去する必要がありまして、食材の量にもよるんですが大量生産の場合だと凄い枚数使います。

一回100枚入りのキッチンペーパーを全て使い切った事もありましたねぇ…。

もう私は森林保護団体に殺し屋を雇われて殺されても文句言えない存在かもしれません。そもそも森林保護団体がそんな事するわけありませんが。

話は戻って、同じことをクックアップでやったら超絶コストがかかっちゃうんです。

なので状況によってキッチンペーパーとクックアップを状況により使い分けるというのが最適な活用方法ではないでしょうか?

キッチンペーパーがテーマなのにクックアップを何気に賞賛しちゃった。でも便利ですよね、クックアップ。

個人的にオススメなのは『エリエール ラクらクック』

キッチンペーパーをあえて2種類に分類すると『ボックスティッシュタイプ』と『ロールタイプ』に分けられると思います。

コスパは『ロールタイプ』の方が高い傾向にあるんですが、個人的にロールタイプ好きじゃないんですよね…

『ボックスティッシュタイプ』だと片手でキッチンペーパーを汚さずに取り出せるのでこっちのタイプを使っちゃいます。

私が以前愛用していたのはボックスティッシュタイプの『エリエール ラクらクック』キッチンペーパーです。

誠に恐縮ですが私あまり様々なタイプのキッチンペーパー使った事が無いんですよね…

というのも某メーカーの超低安価のキッチンペーパー使ったら凄く破れやすくてそれがトラウマで先ほどのキッチンペーパーに落ち着いてました。

今だとスーパーでゴールドポイント株式会社製の100組200枚×4パック(下半分黄色いパッケージ、ネットで検索しても出てこなかった…)のを買って使ってます。

こちらも問題なく使える上コスパもいいので、今はこっちが主流にですね。

この記事をキッカケに、キッチンペーパーでの時短を検討してみませんか?

【まとめ】

  • ふきんや雑巾を洗いたくなければキッチンペーパーで手間を減らそう
  • 大量に食材の水分を除去するならキッチンペーパーが低コスト
  • 手間をかけてコスパ重視・エコ重視もいいけど心のケアもお大事に
  • 物によっては破れやすいハズレが存在するので注意、筆者は『エリエール ラクらクック』を推します

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。では。

←前の記事 次の記事→

元のページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です