腕時計のベルトを修理してみた – 産まれたての子鹿のように
  • 不安神経症と何とか過ごす日々

腕時計のベルトを修理してみた

接着剤で何とかなるもんですね

どうも、まろちです。

ついに腕時計のベルトが切れた

ベルトが真っ二つ

数年前に買った腕時計のベルトが経年劣化でついに切れてしまいました…。

すぐに新しいのを買いに行けなかったので、接着剤でベルトを修理する事に。

接着剤で切断部分を接着

接着面が非常に小さいので極細ノズルのを選択

100均で良さそうな接着剤が売ってあったので、仕事帰りに購入。

帰宅後、まず2つの接着面両方に接着剤を塗布し接着。その後、接着部をカバーするように接着部裏表にもう一度接着剤を塗布しました。

一週間使っても大丈夫だった

何とか接着

すぐに折れるかなと期待していなかったのですが、一週間使っても全くちぎれる様子がなく問題なく使用出来てます!

めでたしめでたし…と言いたい所なんですが、この記事を上げた今日当日にまた別の場所が裂け始めてました。ベルト自体が経年劣化しているので時間の問題ですね…。

(9月9日追記)この次の週である先日修復箇所が切れました。明日腕時計買ってきます。

以上

ここまで読んで下さりありがとうございました。では。

←前のページ 次のページ→

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。